お知らせ

2019.11.29

第7回加速器施設安全シンポジウムのご案内

  

J-PARCセンター長 齊藤 直人

  

加速器施設関係者各位

  

   日頃よりJ-PARCセンターの活動にご支援をいただき、誠にありがとうございます。

   J-PARCセンターでは、国内外の加速器施設に関係する方々と連携して、同様の施設全体の安全性向上を目指すことが重要であると考え、加速器施設安全シンポジウムを毎年開催し、100名を超える関係者の皆様方にご参加いただいています。

   本シンポジウムでは、毎回、加速器施設での安全に関わるトピックスを取り上げ、そのテーマを中心に、安全管理の課題について情報交換・議論をしてきました。これまでのトピックスや会の様子については、下記のHPをご覧ください。

   第7回シンポジウムは、「加速器施設におけるインターロック」と「機械工作作業における安全確保」をトピックスにして開催します。インターロックは加速器施設において不可欠な安全設備として、各施設の特徴を踏まえて設計され、運用されています。技術の進展や機器の老朽化などに付随する課題や取り組みもあるのではないかと思います。また、工作機械については、加速器や実験装置の機器類の加工に広く利用されていますが、負傷事故にもつながりやすいものであり、その安全な取り扱いに配慮することは重要です。特に、多くの利用者が想定される、共同利用施設や大学等の工作機械使用場所においては、熟練した作業者を対象とするのとは異なる安全上の配慮も必要と考えられます。これらの観点から、いくつかの施設における状況をご報告いただきます。また、加速器施設で最近発生した火災に関わる講演をいただくことも予定しています。

   時間的な制約から口頭発表は依頼発表のみに限らせていただきますが、ポスターセッションを設けますので、施設紹介等も含め多くの皆様にご発表をご検討いただけますと幸いです。

   これまで以上に加速器に関係される皆様に広くご参加いただき、加速器施設の安全性向上のために有意義なシンポジウムにしたいと考えております。

   是非ご参加くださるようご案内申し上げます。

   加速器施設安全シンポジウムHP : http://j-parc.jp/safety/safe-sympo/index.html

  

 

 

主催 : J-PARCセンター (JAEA/KEK) 
日時 : 令和2年1月23日 (木) 13時30分 ~ 1月24日 (金) 12時頃までを予定
会場 : いばらき量子ビーム研究センター (茨城県那珂郡東海村白方162-1) 
参加費 : 無料
ただし、以下より参加登録をお願いします。
今後、電子メールを利用して詳細情報等をご案内させていただきますので、必ず参加登録をお願いします。
ポスター展示をご希望の方は、「備考」欄に記載ください。
プログラム : 後日掲載予定
使用言語 : 日本語
懇親会 : 1月23日 (木) 18時30分 ~ 20時 会費 4000円
その他 (詳細)  : 後日、本HPに掲載し、ご登録いただいた皆様あてには電子メールでもご案内させていただきます。
問い合わせ先 : anzen-symposium@j-parc.jp
電話 (平日 9:00~16:00)  : J-PARCセンター安全ディビジョン 029 -284 -3730