ニュートリノ実験施設

T2K実験は、J-PARCニュートリノ実験施設で作り出したニュートリノビームを、295km離れた岐阜県飛騨市神岡町にあるニュートリノ検出器「スーパーカミオカンデ」で検出する長基線ニュートリノ振動実験で、J-PARCがある茨城県東海村と神岡町(Tokai to Kamioka)の頭文字を取って「T2K実験」と名付けられました。電子型ニュートリノの出現を発見することがその最大の目的の一つです(詳しくは ニュートリノ実験施設 総合トップページをご参照ください)。

T2Kコラボレーション

ニュートリノの研究において世界をリードする感度をもつT2K実験は内外の多くの研究者を惹きつけ、日・米・英・伊・加・韓・スイス・スペイン・独・仏・ポーランド・ロシアの12ヶ国から500人を越える研究者が参加する国際共同実験となっています。日本からは高エネルギー加速器研究機構・東大宇宙線研究所・大阪市立大学・京都大学・神戸大学・東京大学・宮城教育大学の総勢約80名の研究者と学生が実験の中心メンバーとして参加しています。

T2K実験に参加する国内各研究機関

ワークショップ・会議のお知らせ

今後開催される会議

最近開催された会議

資料・出版物

リンク