実習生の受け入れ

対象となる方

「実習生」とは、次の各号に掲げる方のことです。
(1)大学の学部学生
(2)高等専門学校の本科4年生以上に在籍する学生

申請の前に必ずお読みください

  • 大学の学部学生及び高等専門学校の本科4年生以上に在籍する学生の方は、大学等の指導教員又は機構の受入担当教員の立会いの下で、J-PARCにおける実習を行うことが可能です。詳細については、【実習生の受入れに関する申合せ】をご熟読ください。
  • 実習を希望される方は、あらかじめ機構の受入教員を定め、受入教員の内諾を得たうえで申請してください。
  • また、期日までに実習申請*1を行うとともに、入構前手続き*2を行ってください。
  • 実習生は、大学の指導教員又は機構の受入担当教員の立会いの下に、実習を行ってください。
  • 放射線管理区域内での実習の場合は、放射線作業従事者登録の手続きが必要ですので、特に早めに提出してください。
【注意】
MLFのJAEA、CROSS, 茨城県採択課題に関する実習を行う学部学生の方は、実習申請の手続きを行う必要はありませんので、通常のユーザー登録の手続きを行ってください。

 

*1 実習申請手順

1) 申請書の提出

申請者は、「学部学生の実習について(申請)」に必要事項を記入し、実習開始希望日の1ヶ月前までにユーザーズオフィスに郵送又はPDFで提出してください。PDFで提出した場合は、原本を当日持参しユーザーズオフィスへ提出してください。
申請書には、大学の学長または学部長の公印を押印する必要があります。(外国機関所属の場合はサイン)
実習が許可された場合は、申請者あてに実習許可書を送付いたします。(申請後約1週間前後)

2) 実習に参加する学部学生の方が行う手続き

利用者支援システムからユーザー登録申請を行ってください。
ユーザーズオフィスでの承認後、実習に必要な各種申請が可能となります。
承認されるためには、下記の条件が必要です。

  • 「学部学生の実習について(申請)」が提出され、KEKから「実習許可書」の発行を受けていること。

 

*2 実習開始日までに必要な手続き

学部学生の方は、ユーザー登録が承認された後、利用者支援システムにログインし、所定の期日までに必要な申請を行ってください。
実習生が行う主な申請は下記の通りです。詳細な手続き方法は、それぞれのページをご確認ください。