MLF実験報告書(成果公開型利用のみ) 、成果の公表・登録について

MLF実験報告書(成果公開型利用のみ)

MLF実験報告書(成果公開型利用のみ)とは?

実験報告書とは、成果公開型利用の場合に最終的に提出していただく成果報告書です。

実験報告書の提出に先立ち、ビームタイム利用報告書である「実験終了報告書」の、提出・承認を受けておく必要があります。

成果公開型利用にあっては、実験終了報告書の承認日の翌日から起算して60日以内に実験報告書を提出することが義務づけられています。

成果公開型利用で、定められた期限内に提出がされない場合は、ビーム利用料金が課されることになりますのでご注意ください。当該報告書を期限までに提出いただけない場合、次回以降の課題申請を受け付けないこともあります。

登録先

J-PARC成果管理システム(外部サイト)

記入上の注意点

実験報告書には、MLFで行った具体的な実験内容や得られた結果を記述してください。可能であれば、データ解析等の状況についても記入してください。実験がうまくいかなかった場合は、その理由を記入してください。
報告書は英語で作成してください。但し、産業利用分科会に申請していただいた方に限り、日本語でも受け付けます。
提出された当該報告書は、次年度に発行予定の年報やWebを通じて公表させていただきます。

 

クリックすると実験報告書の提出方法が表示されます

 

【注意】
課題申請システムから申請された課題(年2回の定期公募分)のみ、本件の対象となります。
緊急課題、KEK S型課題、JAEA・KEKプロジェクト利用課題などは、対象外となりますのでご注意ください。

 

(1) 成果管理システムにアクセスし、ログイン画面に進んでください。

 

[提出先] J-PARC成果管理システム

 

●トップページ

 

 

 

(2) User IDとパスワードを入力し、ログインしてください。

※ログインID、パスワードは、課題申請システムと同じものを使用します。

●ログイン画面

 

 

 

(3) 「実験報告書登録」ボタンを押して、登録画面に進んでください。

●ログイン後の画面


 

 

(4)

(4)-@ 上段の条件を指定して検索を行うと、下段に、検索条件に応じた、ご自身が責任者となっている課題一覧が表示されます。

(4)-A 未登録の課題がある場合は、中段の「ご利用案内」欄から最新の実験報告書の書式をダウンロードし、その課題についての 実験報告書を作成してください。

【注意】
共用-BL課題の方は、成果管理システムでは様式をダウンロードできません。利用者支援システムより様式をダウンロードしてご利用ください。

 

(4)-B 実験報告書の作成後、ファイルをPDFに変換してアップロードを行います。当該課題の「登録」ボタンを押してください。

【各項目について】

課題番号

課題番号です。

実験課題名

実験課題名です。

ビームライン1〜3

その課題で利用したビームラインの番号です。

BL責任者の確認が行われると、「承認」もしくは「差戻し」のステータスが表示されます。
複数BLを利用した場合は、全BL責任者の承認が必要です。

登録状況

実験報告書の登録状況です。
登録していない場合は「未登録」、登録済みの場合はファイル名が表示されます。

提出期限

提出期限です。
先にご提出いただいた「実験終了報告書」の承認日の翌日から起算して、60日以内に提出してください。

アクション

実験報告書の新規「登録」、または差戻し時の「再提出」ボタンです。

 

 

 

(5) アップロード画面が表示されます。アップロードするファイルを選択し、[登録]ボタンを押してください。

 

 

※アップロード可能なファイルは、5MB以内のPDFファイルです。

 

 

(6) 登録後は、ビームライン責任者の内容確認が行われます。


利用したビームライン責任者全員に承認を受けますと、正式に受領されたことになります。
これで、成果公開型課題は終了となります。

※差戻しを受けた場合は、内容修正後(4)に戻り、「再登録」を行ってください。

 

 

利用成果の公表・登録について

J-PARC MLFを利用した成果を学術論文及び学位論文、学会発表等によって公表する場合は、
「MLFの実験装置を利用したこと」を明記し、さらにJ-PARCセンター職員の支援を受けた場合は、共著者としての取り扱いについてJ-PARCセンター職員と協議していただけますよう、お願いいたします。

また、成果公表先の情報を、J-PARC成果管理システムに登録いただけますよう、ご協力をお願いいたします。

登録先

J-PARC成果管理システム(外部サイト)

成果管理システムについて(本サイト内)

成果の公表、知的財産権の取り扱い、成果公開型利用の実験データの取扱い
についての詳細は、物質・生命科学実験施設のホームページをご覧ください。

# 利用のご案内 (3)のご利用の流れ>3-4 MLFで実験を行った後の手続き」(MLF Site)