放射線作業従事者登録

  1. 個人線量計と被ばく管理
  2. OSLバッジ取扱時の注意事項
  3. J-PARCで放射線作業従事を行うための3つの条件
  4. 登録を行う
  5. 変更する
  6. 解除する
  7. 年度更新を行う
  8. FAQ

 

個人線量計と被ばく管理

J-PARC支給の個人線量計(OSLバッジ)にはOSL線量計と中性子線量計及び個人の識別素子が組み込まれています。バッジを受け取った際には、ケース前面に記載してある氏名に間違いないこと、ケース内に線量計があることを確認してください。

 

また、作業中にもケースが開いていないことを確認してください。

測定期間は女性1ヵ月、男性3ヵ月で、測定期間終了時に、ユーザーズオフィス経由でOSLバッジを交換します。測定結果は、所属事業所経由でお送りします。測定結果についてのお問い合わせは、放射線安全セクションにお願いします。

 

OSLバッジ取扱時の注意事項

@所定部位に着用する

女性は腹部、男性は胸部に着用してください。

A落とさない

内部の素子が壊れたり、中身を紛失したりすることがあります。
ストラップ等をつけて、落下防止策をとってください。ストラップはユーザーズオフィスで貸出しています。また、OSLバッジを水につけたり、汚したりしないでください。

B持ち出さない

原則、J-PARC事業所外には持ち出さないでください。
万が一持ち出してしまい、空港での荷物検査や病院でX線検査時にOSLバッジを照射してしまった場合には、すぐに下記連絡先まで連絡してください。   *J-PARCを退構する際は、OSLバッジは必ずユーザーズオフィスへご返却ください。

C保管場所に注意する

落下、紛失、盗難などがないように注意してください。また、車内など高温となる場所に保管・放置しないでください。

 

紛失等トラブル発生時は、すぐに連絡してください。
ユーザーズオフィス
 内線:3398
 携帯電話等からは029-284-3398 平日(9:00〜17:00)

ページのトップへ戻る

J-PARCで放射線作業従事を行うための3つの条件

J-PARCで放射線作業従事を行うためには、下記の3つの条件を満たしていることが必要です。

  1. 所属機関において放射線作業従事者として登録されていること。
  2. J-PARCにおける放射線作業従事者としての認定登録を受け、J-PARCからOSLバッジ(個人線量計)の交付を受けていること。
  3. J-PARCセンターユーザーズオフィスで、入域前の放射線安全教育(毎年度1回)を受講していること。

ページのトップへ戻る

 

登録を行う

認定登録依頼書の記入方式が、変わります(2016年10月より)

【これまで】:様式(エクセル/PDFファイル形式)をダウンロード・印刷し、記入(入力)します。

【10月より次のように変更となります】:
まずWEBブラウザ上の入力フォームを利用して、値/文字を入力し書類を作成します。
次に、入力したファイルをダウンロードし、紙へ印刷し、その用紙へ押印(所属長印等)します。
※書類の提出方法は変更ありません。

 

1) 申請書への入力及びデータダウンロード

◎新しい手順は、赤文字の箇所です(#4 ~ 6)。

  1. 利用者支援システムへログイン
  2. [利用申請手続]、[ 1.登録済み実験・研究用務]と進む
  3. [詳細] へ進む
  4. 【年度内に一度だけ提出する申請書】:認定登録依頼書兼管理区域立入許可願(J-PARCユーザー)の「出力」ボタンを押す
  5. 入力フォームが開きますので、必要な情報を入力します。
  6. 入力が終わりましたら、形式(エクセル/PDFファイル)を選択してデータを保存して下さい。
  7. A4用紙に印刷します。
  8. 所属長印、放射線管理責任者等、の押印をして下さい。

※あらかじめ、ユーザー登録用務の追加等を行っておく必要があります。

記入上の注意点
  • 必ず利用者支援システムよりダウンロードした最新の様式を使用してください。旧様式では受理できません。
  • 修正液、砂消しゴム等で訂正されている書類は受理できません。二重取り消し線で訂正し、訂正印を押してください。
  • 被ばく前歴が無い場合は数値を記入せず、空白にしてください。
  • 放射線障害防止法、電離放射線障害防止規則等に基づく教育訓練は1年以内の実施日を記入してください。
  • 放射線障害防止法、電離放射線障害防止規則等に基づく特殊健康診断は半年以内の実施日を記入してください。(学生及び外国研究機関所属の方は1年以内)


2) 提出方法及び締め切り

OSLバッジ使用開始希望日の2週間前までに、ユーザーズオフィスに原紙が到着するように郵送、または持参してください。 原則としてPDFやFAX等の写しでは受理できません。
送付先は、こちらをご参照ください。
記入方法に不明点がある場合は、送付前にユーザーズオフィスにご相談ください。

※2週間前までに提出されない場合、使用開始希望日までにOSLバッジがご用意できないこともございます。


3) J-PARC放射線安全教育の受講

放射線管理区域内で作業を行うためには、放射線安全教育を受講する必要があります。
事前に受講時間の予約が必要です。手続きの詳細は、こちらをご参照ください。

ページのトップへ戻る

変更する

  1. 認定登録後、所属機関を変更する場合は、解除手続きを行なった後、再度改めて認定登録を行って下さい。
  2. 認定登録後、立入場所を追加する場合は、変更手続きを行いますのでユーザーズオフィスにメールでご連絡ください。
  3. 認定登録後、妊娠が判明した場合は、被ばく限度の変更手続きを行いますので、速やかにユーザーズオフィスにメールでご連絡ください。

ページのトップへ戻る

解除する

年度の途中で放射線従事者登録の解除を希望される場合(*)は、解除手続きを行いますのでユーザーズオフィスにメールでご連絡ください。* J-PARCの放射線管理区域内での作業が終了し 次回の作業等が予定されていない場合

ページのトップへ戻る

年度更新を行う

J-PARCにおける放射線従事者登録は、有効期限が年度末となります。
前年度に引き続き【4月】にOSLバッジを使用希望される場合は年度更新の手続きを行います。
詳しい手続き方法は、更新時期が近づきましたらユーザーズオフィスのホームページでお知らせします。

※年度更新期間を過ぎてしまった場合は、新規登録の手続きを行ってください。

2017年度のお知らせ

 

FAQ